平成30年度(2018年度)
大会例会

大会

PDF(要旨)

◇期日 平成三十年九月十五日(土)・十六日(日)
◇会場 慶應義塾大学 三田キャンパス(東京都港区三田二―一五―四五)
    〈交通〉JR線「田町駅」、都営線「三田駅」、都営線「赤羽橋駅」下車徒歩約一〇分

第一日目 九月十五日(土) 北館三階 大会議室

開会の挨拶(一四:〇〇)代表委員・石川透(慶應義塾大学)

講演(一四:一〇~一七:〇〇)

開山縁起から修験道儀礼へ――戸隠山『顕光寺流記』を中心に鈴木正崇(慶應義塾大学名誉教授)

慈円の「二諦一如」についての追考石川一(奈良大学)

懇親会(一七:三〇~一九:三〇) 南校舎四階 ザカフェテリア
※会費は五〇〇〇円(大学院生は四〇〇〇円)

第二日目九月十六日(日) 北館三階 大会議室

研究発表会・午前の部(一〇:〇〇~一二:一五)

『宝物集』における漢語「人間」の意味について楊琴(奈良女子大学大学院生)

『宇治拾遺物語』「留志長者事」について――帝釈天と庚申――鈴木和大(二松学舎大学大学院生)

近世後期、京都における勧化本の編纂と板木の流れ膽吹覚(福井大学語学センタ―)

総会(一三:〇五~一三:五〇)

研究発表会・午後の部(一三:五〇~一六:五〇)

「空也を中古天台仏教のうねりの中で見る」久保田實(佛教大学大学院生)

『為盛発心因縁集』における法然の思想について大久保慶子(佛教大学大学院生)

大正期文学における親鸞像――山中峯太郎の「親鸞―イエス」論を中心に――大澤絢子(龍谷大学世界仏教文化研究センタ―)

高野聖の浄土教――明遍と蓮華谷聖伊藤茂樹(華頂短期大学)

閉会の辞(一六:五〇)副代表委員・橋本正俊(摂南大学)

✻委員会のお知らせ

十五日(土)の十二時より委員会を開催いたしますので、委員の方は大会会場までお越しください。

✻出欠葉書について

同封の出欠葉書を八月三一日までにご返信ください。

✻昼食について

委員会、研究発表会共に、お弁当の用意はございません。各自ご準備ください。

✻懇親会について

懇親会の参加費は、当日大会会場にて受け付けます。

例会

6月例会

PDF(地図、要旨)

◇期日 平成三十年六月九日(土)十四時~十七時三十分
◇会場 大東文化会館ホール(東京都板橋区徳丸二―四―二一)

《シンポジウム》《冥界》というもうひとつの世界―『日本霊異記』の国家観と歴史叙述―

開会の辞会場校

研究報告

趣旨説明・発表者紹介大東文化大学 蔵中しのぶ氏

『冥報記』『日本霊異記』冥界説話の意義日本女子大学 三田 明弘氏

『日本霊異記』の「地獄」説話─十王思想・閻羅王・地蔵菩薩─大東文化大学 山口 敦史氏

「他国」発見の歴史叙述――『日本霊異記』中巻の冥界描写と法身立命館大学(非) 渡部 亮一氏

パネル・ディスカッション司会蔵中しのぶ氏

閉会の辞慶應義塾大学 石川 透 氏

懇親会(十八時~)

東武練馬駅近辺を予定しております。お気軽にご参加下さい。
会費は四〇〇〇円程度の予定です(当日いただきます)。

*委員会のお知らせ

当日委員会を開催いたします。委員の方は昼食を済ませてお集まり下さい。
時間 十二時三十分~十三時三十分
場所 大東文化会館三〇二講義室(東京都板橋区徳丸二―四―二一)

4月例会

PDF(地図、要旨)

◇期日 平成三十年四月二十一日(土)十四時~十七時三十五分
◇会場 佛教大学 紫野キャンパス 1-418(1号館4階)
    京都市北区紫野北花ノ坊町96 ※交通はPDFをご参照下さい。

《シンポジウム》講式研究のセカンドステージへ

開会の辞会場校

研究報告

趣旨説明・発表者紹介金城学院大学 舩田 淳一

澄憲と講式―『如意輪講式』を起点として―千葉大学 柴 佳世乃

貞慶の浄土信仰と仏道―講式を中心として―龍谷大学 楠  淳證

『神祇講式』と神楽・祭文世界―「講式研究のセカンドステージ」のために―佛教大学大学院博士後期課程 星  優也

パネル・ディスカッション司会 舩田 淳一

閉会の辞慶應義塾大学 石川  透

懇親会(十八時~)

佛教大学 第1食堂(1号館地下1階)を予定しております。お気軽にご参加下さい。
会費は五〇〇〇円の予定です(当日いただきます)。

*委員会のお知らせ

当日委員会を開催いたします。委員の方は昼食を済ませてお集まり下さい。
時間 十二時三十分~十三時三十分
場所 佛教大学 紫野キャンパス 1-419(1号館4階)

過去の大会例会

学会誌『仏教文学』彙報PDF

仏教文学会ホームページTOP