仏教文学会・神奈川県立金沢文庫
共同企画講演
「兼好と『徒然草』研究の最前線」

趣旨説明

仏教文学会は2020年9月の大会で「兼好と『徒然草』研究の最前線」と題する講演会を予定していました。同時期に神奈川県立金沢文庫で開催される『徒然草』の特別展に合わせて、金沢文庫との共催で計画していました。ところが、新型コロナウイルス感染症の流行により、講演会開催を断念せざるを得ませんでした。金沢文庫の企画展も延期になりました。ただ、せっかくの企画をこのまま無かったことにすることは残念ですので、登壇をお願いしていた3人の先生にお願いして、ご講演を録画して配信することにしました。

収録は2021年3月19日(金)に神奈川県立金沢文庫地下ホールにて、講演者のみが集合し、聴衆無しで行いました。動画内容は、講師紹介と3先生のご講演となっています。

  1. 小川剛生先生(慶應義塾大学文学部教授)
    「称名寺における兼好―詠五十首和歌・和歌詠草(仮題)の考察―」
  2. 湯山賢一先生(神奈川県立金沢文庫長)
    「称名寺聖教にみる兼好関係文書の料紙について―金沢文庫文書料紙試論―」
  3. 荒木浩先生(国際日本文化研究センター教授)
    「『徒然草』という時間」

それぞれ45分程度です。

このような動画を公開できることについて、ご講演をご快諾くださった先生方と、会場をご提供くださった金沢文庫にあらためて感謝します。なお、収録・編集にあたっては、株式会社文学通信さんにご協力いただきました。

2021年4月26日 仏教文学会事務局

公開期間

2021年4月27日~7月31日(約3ケ月間)

講演動画の視聴方法

本学会会員

郵送される案内に記載のパスワードを入力して動画公開ページへお進みください。

本学会会員以外の方

入力フォームに必要事項を記入してお申込みください。事務局からパスワードをご案内します。申し込みの〆切は2021年7月24日(動画公開終了の1週間前)です。

入力フォームが使用できない場合は、下のメールアドレス宛に、視聴申し込みのメールを送信してください。その際、

  1. 氏名
  2. 所属・職業など(なしの場合は「所属なし」としてください)
  3. 電話番号
  4. 視聴希望理由

を記入してください(いずれも必須)。

視聴申し込み者の情報(氏名、メールアドレス、所属・職業、電話番号)は事務局で厳重に管理し、動画公開以外の目的で使用することはしません。

講演会特設ページ

以下のボタンを押し、パスワード半角で入力してください(前後にスペースなどがあるとエラーが発生します)。パスワードが認証されれば、講演会特設ページに遷移します。

注意点

仏教文学会ホームページTOP